FC2ブログ
The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
乳液の使い方
2016-03-21 Mon 15:44
男性も女性も「保湿ケア」が必要!

男性は女性よりも皮脂分泌が過剰です。加えて女性の肌より
水分量が少ないことから乾燥肌になりやすく、乾燥肌が進むと
皮脂の分泌はさらに進み、にきびや吹き出物の原因にもなります。

男性こそ実は「保湿ケア」が必要です。 肌に潤いを与えるには、
まずは化粧水で肌に水分を補給してあげることが第一ですが、
その後は水分を蒸発させてしまわないよう乳液で保護しましょう。


乳液で皮膚を保護

乳液に含まれる油分は、皮脂の代わりに皮膚を保護する役割が
あります。
男性は皮脂分泌が盛んなので、乳液を使う必要がない場合も
あります。

ただ、化粧水の水分がどんどん蒸発すると、肌の内部が乾燥し
それを補うために皮脂がさらに分泌されますので、普段以上に
皮脂が分泌されることもあります。


乳液の使い方

化粧水に保湿成分が含まれていないのであれば、しっかりと
保湿をするためにも乳液の使用をオススメします。乳液は、
適量を手にとって肌にまんべんなくなじませ、最後に押し込む
ように手のひら全体で顔を包みこみます。

乳液をなじませたあと、べたつきが気になるようであれば、
ティッシュをそっと顔に乗せ、手のひらで押さえます。
目の周りや口の周りなどの細かいところは指を使います。
あまり取りすぎると乳液を塗った意味がなくなりますので
ほどほどにしておきましょう。






スポンサーサイト
別窓 | コスメ | コメント:0 | トラックバック:0
美容液の使い方
2016-02-21 Sun 15:38

美容液はエイジングケアの必需品

「肌の老化」を感じたら、男性用美容液を使うタイミングだと
思って下さい。
例えば、まぶたの重みやアゴのたるみ、シミが出てきたという
ような肌の老化を感じたら使うサインだと思いましょう。
美容液はエイジングケアの必需品と考えて下さい。


肌にトラブルを抱えたら美容液を

美容液はちょっと高いな、と感じる男性は少なくないかもしれ
ません。
美容液は肌にトラブルを抱えた人が使うものであり、特に悩みが
ない場合は使う必要はありません。

ただ、中には肌の基礎力を底上げする効果がある美容液も
ありますので、商品を吟味して上手に取り入れて下さい。


使い方について

スキンケアに取り入れる場合、アイテムにより多少異なる場合は
あるものの、基本1.洗顔 2.化粧水 3.美容液 4.クリーム
(乳液)の順番で使用しましょう。

美容液は肌に栄養を補給するために使うものです。シミには
美白成分、シワには弾力を上げる成分、そのほかニキビや
吹出物、肌荒れ、赤みなどを抑える成分など、それぞれの用途に
よって異なる成分が高濃度で配合されています。
ですから、肌トラブルに合った成分を配合した美容液を使用しましょ。


男性にも美白効果を

例えば、シミが増えた、加齢による肌のくすみなどが目立って
きた場合は、ホワイトニング美容液を使うのがオススメです。
美白というとすぐに女性専用と思われがちですが、肌色を明るく
するブライトニング系は今やビジネスマンの必須アイテムです。

男性は普段メイクをしませんし、UVケアや日焼け対策を怠る
人が多いので、気がついたらシミが目立ってきたということに
なりがちです。
もし、そんなトラブルに見舞われたらホワイトニング美容液を
使うサインだと思って下さい。




別窓 | コスメ | コメント:0 | トラックバック:0
化粧水の使い方
2016-01-21 Thu 15:28

乾いた肌に化粧水は必須

スキンケアの基本は洗顔後に、潤いを補給することです。洗顔や
シェービングの後、肌に塗る化粧水は乾いた肌に水分を補給する
ためにも必要不可欠です。
化粧水はトナーやローションとも呼ばれ、女性用だけではなく男性
用のものもたくさんあります。

個人個人に合ったやり方を見つけましょう

男性の中には化粧水をつけるのが苦手という人も多いと思います。
そんな初心者の方には、細かい霧を直接、肌に塗布できるスプレー
タイプが便利でしょう。朝、時間のない時など、シュッとスプレーする
だけという手軽さです。

もちろん、普通に手にとってなじませるのもOKです。洗顔後は、乾燥
しやすい頬やアゴなどのUゾーンから先に塗布して、次にTゾーンへ
と移るのが理想的です。

女性のようにコットンを使うという人もいるでしょう。顔は凹凸が多い
ので、コットンに浸しておけば凹んだところにもつき、顔全体に塗布
できます。

ただし、ローションをコットンに染みこませたり、パッティングしたりと
時間がかかるので、これらの方法は時間に余裕のある人向きと言
えるでしょう。

男性特有のヒゲにも注意

加えて、ヒゲを伸ばしている人はもちろんですが、剃っている人でも、
少しヒゲが伸びてきた日はコットンがヒゲに引っかかって、繊維が顔
についてしまいます。
ですから、皆さんそれぞれに合ったやり方を見つけて下さい。

いずれの方法でもローションをまんべんなく塗布したら、軽く手で押
さえると良いでしょう。
お肌への浸透がよくなります。手に吸い付いてくるようになれば、
水分が行き渡った証拠です。
もし、足りなければ、化粧水をさらに追加して、二度、三度づけを
しましょう。

紫外線、乾燥対策としての化粧水

男性は夏の紫外線や冬の気温の低下などで、新陳代謝が滞り
がちになります。
さらに秋~冬にかけては、空気が乾燥して肌がカサカサに乾い
てしまいます。

ただでさえ男の肌は、皮脂が多いので、放っておくと脂っぽい肌
になりがちです。しかもそれがシワやくすみ、たるみの原因にも
なります。この場合は洗顔や化粧水だけのケアでは水分が足り
ない場合があります。

それに対処するには、化粧水を染みこませたコットンやマスクを
肌に乗せて、乾燥対策することをオススメします。

このように女性と同様に男性にとってもしっかりと水分を補給す
ることが大切なのです。毎日やってみると、肌の変化を実感
できます。





別窓 | コスメ | コメント:0 | トラックバック:0
クリームの使い方
2015-12-21 Mon 12:38
適度な油分の補給に最適

クリームも乳液と同様、油分により保湿効果を高める役割を
担っています。

人によっては、感覚的に油分と聞くと脂性のようなイメージを
持つ方もいなすが、適度な油分を肌に補給することで余分な
皮脂の分泌を抑えることができます。

男性の場合、脂性だと思っていたのが、調べてみると典型的な乾燥肌だったということは良くあることです。

これは肌が乾燥すると、水分の蒸発を防ぐために皮脂の分泌が活発になることから起こる現象です。

それを防ぐためには、皮脂の分泌より先に適度な油分を補給することが必要です。油分が補給されれば、ベタ付きやテカリといった男性特有の肌の悩みも改善されることになります。

クリームの使い方

クリームは化粧水で水分を補充した後に使います。クリームの役割は肌を乾燥から守る「フタ」と考えてください。乾燥が著しい季節は、適度に油分を補うことで、皮脂の過剰な分泌を抑えます。

量の目安

昔は「ベタつくから」ということで敬遠されることも多かった男性用クリームですが、正しい使い方を知れば決してベタつくものではありません。ベタつきを感じるのは、ついつい量を多くつかってしまうからです。

使用量の目安をパール大、さくらんぼ大などと書いてある商品も多いですが、個人個人の顔の大きさもあるので、使いながら適切な量を決めていきましょう。

塗り方

クリームの塗り方は基本、女性と同様に塗るのが良いでしょう。最初におでこや頬、アゴなどに分散してクリームの玉を置き、指の腹を使ってクルクルと円を描くように塗り広げます。乾燥しがちな頬は多めに、皮脂が出やすい鼻周りは少なめにと調整します。

ただし、このようなやり方が面倒と感じたり、女性同様のやり方に抵抗がある場合は、まず適量を手に取ったら全体をよく手のひら一面に伸ばし、頬→口元→アゴ下→おでこ→鼻周りの順に押し合てるように塗ると良いでしょう。こうすることで、乾燥しがちな部分を重点的にカバーすることができます。

クリームが肌になじむまで、手のひらでしばらく抑えるのも効果的です。体温が伝わって、成分がより浸透しやすくなります。




別窓 | コスメ | コメント:0 | トラックバック:0
パックの使い方
2015-11-21 Sat 12:35
正しく使わないとパックは逆効果

洗顔や保湿など、毎日スキンケアをしているのに何だか肌の調子
が悪い。そんな時に使いたいのが、パックを使ったスキンケアです。

でも、せっかくパックを使っても、間違った使い方をすると、かえって
逆効果になることもあります。そこで今回は、パックの正しい使い方
を確認していきましょう。


毛穴パックの正しい使い方

パックには様々な種類のものがありますが、男性にも馴染みのある
パックと言えば鼻用の「毛穴パック」ではないでしょうか。貼って剥が
すだけで毛穴の汚れをしっかり取ることができるので、手軽に使え
魅力的ですね。

毛穴パックは、毛穴が開いている状態の時に使うのが効果的です。
お風呂上がりなどに使うと良いです。ただしパックの最中に汗をか
いてしまうと、湿気で汚れが取りづらくなるため、身体のほてりや汗
が引いてから使いましょう。
毛穴パックをした後は、肌が乾燥しているので、しっかり保湿ケアを
することも忘れずに。

また毛穴パックをすると、汚れが取れたことを実感しやすいので、
ついつい頻繁にやってしまいがちです。
でも刺激が強いので、やり過ぎると余計に毛穴が目立ってしまいます。
月2回程度にとどめましょう。



「シートマスク」の正しい使い方

美容成分をタップリと含んだ「シートタイプ」のパックは、短時間で
集中的に肌に栄養を取り込める便利なアイテムです。
洗顔後に化粧水でしっかり肌を整えてから使いましょう。

顔の露出している部分は、パックをしている間に乾燥しがちです。
あらかじめ目元や口元に乳液を付けてから行うのがオススメです。

シートパックは長時間肌に乗せておいた方が、より効果を得られ
そうな気もするかもしれませんが、パッケージに記載されている
時間を守りましょう。

シートマスクは非常に吸収性が高いので、乾くと肌の水分を奪っ
てしまうからです。潤るはずが、逆に乾燥してしまいますね。




別窓 | コスメ | コメント:0 | トラックバック:0
| コスメ サプリメント 情報局 | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。